ノミ 引っ張ってとる

ノミは引っ張って取ってはいけません(30代/女性)

庭で飼っていた雑種の犬。ある日、目の上に黒い血豆のようなものをぶら下げていて、なんだろうと思い触ってみると、柔らかく、フニフニとした感触でした。よく見ても人間の血豆のようにしかみえず、放っておけば治ると思い、その日はそのままにして、次の日に見に行ってみると、小指の爪より大きくなったものがぶら下がって、目にかかってしまい、犬も困っているようでした。皮膚病か何かかと思いつつ、動物病院へ連れていくと、「ノミですね。相当な血を吸って大きくなるとこうなります。よく見ると足が見えますよ。」と言われました。全く虫には見えなかったんですが…。

 

 治療法はいたって簡単です。薬をつけて、ノミの意識がなくなったら取り除くという手順でした。
ノミは大きくなると、一般の飼い主にも見つけることができてしまうので、見つけたときに引っ張って取ってしまう飼い主さんも多いそうですが、そのままひっぱると、ノミが犬にかみついている状態で血を吸っているので、かみついている部分だけ犬に残ってしまい、炎症をおこしてしまうそうです。
外飼いの犬なので、ノミを寄せ付けないのは難しいかと思っていましたが、病院では背中にちょこっとつけるだけで、今ついているノミ・ダニの駆除だけでなく、1か月間はノミ・ダニを寄せ付けない効果があるものを置いていました。ただ、動物病院でしか取り扱いが無いようで、毎月行くのが面倒だと思い、近所のドラッグストアのペット関連コーナーで同じようなものを探してみました。

 

近所のドラッグストアでも、シャンプー後に背中の毛をかき分けてつけるノミ・ダニよけがありました。また、首輪タイプのものもありましたが、やはり、動物病院と同じように、背中にチョコッと液体をつけるタイプを選びました。

 

 1か月後、(シャンプーをした後にすぐつけても脂がなくて広がらないようなので、シャンプーの次の日)動物病院の時と同じように、肩と肩の間くらいの背中にチョコっと液体を付けました。心配なので、お尻の上あたりにもつけました。効果はたぶんあったと思います。動物病院のものと違う点は、「駆除」ではなく「予防のみ」という点でしたが、ウチの雑種(外飼い)は、それで十分でした。その後は特にノミもダニも見ていませんし、かゆがったりもしていませんでした。夏の間だけですが、毎年、ドラッグストアのノミ・ダニよけのスポイトタイプを購入しています。

 

 すでにノミやダニがついてしまった方は、迷わず動物病院で安全に駆除をしていただき、その後は自宅手入れをしてみてはいかがでしょうか。